FC2ブログ

あんなにアクティブだった父が

2019年07月15日
思い出 0


三連休の初日
まだまだ営業トラックが多く走っているであろう道路
車で実家に行くのはためらわれた

だから
家で みんなで
あの懐かしき実家の夏休みを話した
もう戻れない時間だから 余計思慕が募る


何度も書くことになるが
実家の周りには 民家はない

昼間は 庭で焼き肉
夕暮れは せみ時雨
夜は 花火の出し放題
その向こうに 蛍が行ったり来たり


アユの塩焼きや 五平餅を食べに連れて行ってくれた
子供たちの喜ぶ顔を見るのがうれしいのか 自分が楽しいのか^^;

花火なんて 田舎のおもちゃ屋さんで1万円分ぐらい買ってきて
みんなが呆れたこともあった

あんなに元気で アクティブだった父が
ALSに侵されるなんて・・・・
あの当時 まだまだその病気は メジャーではなく
なかなか見つけてもらえなかった


今も 実家の裏山には 
父が採取してきたクマガイソウが 群れで咲く
父が植えた数々の木も どんどん大きくなっていく

父がいなくとも 
あちこちに父の残したものが 今も芽吹く 育っていく
実家に 誰も居なくても



スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ちわ
この記事を書いた人: ちわ
気ままに 仕事と趣味の間で暮らす日々
人見知りのおだやかなチワ・パンナを見送り
男子のような女子猫・つむぎが来た
騒々しい娘たちとの暮らしっぷり

コメント0件

コメントはまだありません